ナイトスクープ西田敏行の降板理由は?新局長が誰なのかも調査!

あの人気深夜番組の「探偵ナイトスクープ」の

局長を務める「西田敏行」さんが

11月22日の放送をもって番組を降板するという

ニュースが飛び込んできました。

 

探偵ナイトスクープは19年というかなりの長寿番組

歴史がある番組ですが、

西田敏行さんが番組を降板するとなれば、

次の新しい局長は誰なのか?気になってきますよね。

この記事では

  • 局長西田敏行の降板理由は?
  • 次の新しい局長は誰なのか?

この2つのことについて詳しく紹介していきたいと

思いますので最後までお付き合い下さい!

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

ナイトスクープ西田敏行の降板理由は?

探偵ナイトスクープの局長と言ったら

西田敏行さんのイメージが強いと思います。

 

平成生まれの世代からしたら

西田敏行さん以外ありえないと

思う人も多いことでしょう。

 

「探偵ナイトスクープ」は昭和63年にスタートし、

西田さんは初代局長の上岡龍太郎さんの後を継ぎ、

平成13年から局長として出演していました。

 

2019年10月18日の放送後に

西田敏行さん自ら降板の発表をされました。

11月22日の放送をもって西田敏行さんは

探偵ナイトスクープを降板されます。

 

そこで気になってくるのは

西田敏行さんの降板理由ですよね。

 

局長を19年という長い期間務めてきた西田敏行さんですが、

降板理由について詳しい詳細については

現在のところコメントされていません。

 

降板理由について11月22日放送の番組内で

分かるとは思いますが、

降板理由について予想したいと思います。

 

2016年には胆のう炎を発症し一時休養

番組の降板理由について

一番考えられるのは西田敏行さんの

体調の悪化が理由だと考えられます。

 

西田敏行さんは現座72歳ですが、

20164月には胆のう炎を発症し入院しています。

先月19日に頸椎(けいつい)亜脱臼の手術を受けた俳優の西田敏行(68)が、胆のう炎も発症して入院していたことが6日、明らかになった。所属事務所によると、西田は先月下旬、腹部の激しい痛みを訴え調べたところ、胆のう炎と診断された。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2071238/full/

 

6月には仕事復帰し映画のイベントに出席した西田さんは

「万全です」とコメントしていました。

探偵ナイトスクープにも収録にも復帰していました。

 

4月に頸椎亜脱臼の手術を受けるため休養に入られましたが、

わずか2ヶ月程で仕事に復帰する姿は

かなりのプロ意識を感じましたが、

かなり無理をしていたのではないでしょうかね・・・

 

2019年の現在では人気ドラマ

「ドクターX」に出演していますが、

ドラマの劇中では車椅子で移動するシーンがありましたが、

もしかするとドラマの撮影の際でも自分の足で

歩くのはかなり困難な状態のように見えてしまいました。

 

違うことを祈りますが・・・

 

 

ナイトスクープの次の新しい局長は誰?

探偵ナイトスクープの局長と言ったら

西田敏行さん!!現在のところ他の人が

局長をやるイメージが私の頭の中では出来ません。

 

ですが西田敏行さんの番組降板が決まった今、

次に気になるのは新しい局長は誰なのか?

というところですよね。

ネットでは次の局長は誰がいいか?

アンケート結果が発表されていました。

第1位 松本人志(ダウンタウン)……16人(8.0%)
第2位 明石家さんま……11人(5.5%)
同2位 笑福亭鶴瓶……11人(5.5%)
第4位 タモリ……8人(4.0%)
第5位 内村光良(ウッチャンナンチャン)……7人(3.5%)
同5位 浜田雅功(ダウンタウン)……7人(3.5%)
次点 大泉洋……5人(2.5%)

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Mycom_freshers__gmd_articles_7837/

 

このような結果になっていましたが、

みなさんはどう思いましたか?

 

個人的にはダウンタウンの松本人志さんがやってくれると

嬉しいなと思いました。

以前に、番組に依頼者として出演されていましたし、

松本人志さん本人もかなりの番組ファンのようです。

 

ネットの声は?

最後に

今回は人気番組探偵ナイトスクープの西田敏行さんの

降板理由や新局長について紹介していきましたが、

西田敏行さんの局長姿があと1ヶ月しか見れないと思うと

寂しい気持ちになりますね。

新局長については詳しいことが判明次第追記したいと思います。