小川涼輔(鷹匠)の年齢や出身中学と高校は?飼っているレイアとルギーが可愛い!

高校生の鷹匠として今話題を読んでいる

「小川涼輔」さんがすごいんです!

2020年3月14日放送の「世界ふしぎ発見」にも

出演が決定しているみたいなので

今後もっと注目されるでしょうね。

 

鷹って見た感じカッコいいですけど

間近で見ると結構怖かたりしますよね・・・笑

 

高校生で鷹匠として活動することは

かなりすごいことなんです!

 

今回は鷹匠として活動している

高校生の「小川涼輔」さんについて

  • 小川涼輔(鷹匠)の年齢は?
  • 小川涼輔(鷹匠)の出身中学や通っている高校は?
  • 鷹匠の年収は?

上記のことについて詳しく紹介していきたいと思いますので

ぜひとも最後までお付き合い下さい!

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

鷹匠ってどんな仕事?

鷹匠てなんだかかっこいい言葉ですよね!

鷹匠のイメージってやっぱり腕に鷹をのせて

自由自在にコントロールしているイメージがあります。

 

最近では都心部などのカラスの群れを鷹匠の方が

追い払ったりして街をカラスから守ったりもしています。

 

鷹匠の歴史は長く、江戸時代では天皇家や

大名に仕えて鷹を調教して狩りをしていたそうです。

 

現在では先程も申しましたが害鳥駆除という仕事で

鷹もかなりの大忙しのようです。

小川涼輔が鷹匠高校生として注目!年齢は?

※左が小川涼輔さんです 

全国でも数少ない、鷹匠という職業ですが、

鷹匠高校生として注目を集めている

小川涼輔さんについてご存知でしょうか?

 

今年で高校3年生の小川涼輔さんですが

現在の年齢は今年で18歳になります。(2020年現在)

 

鷹匠として実力も半端ないそうで、

鷹匠が腕前を競う大会フライトフェスタで過去に

3年連続1位を獲得したこともあるんですよね。

 

高校生活を送りながら鷹匠としても活動しているなんて

かなりの大忙しですよね。

 

 

小川涼輔(鷹匠)の出身中学や通っている高校はどこ?

小川涼輔さんの出身中学についてですが

榛東村立榛東中学校ということがわかりました。

小川涼輔さんが現在通っている高校についてですが

群馬県立尾瀬高等学校ということが判明しました。

 

現在高校生ながら一人暮らしをしていて

2羽の鷹と住んでいます。

鷹匠の練習は学校に特別な

許可を得て練習をしているようで

日常生活でも一緒にテレビを見たり電話する時など

腕に鷹がとまってくるそうです。

 

いや〜鷹も結構可愛らしいところがあるんですね・・・

目もよく見たら優しい目をしていますしね。

一人暮らしでも鷹が2羽もいたら寂しくないかもしれませんね。

 

 

飼っている2羽の鷹(レイア・ルギー)がかわいい!

小川涼輔さんは自宅で2羽の鷹を飼っていますが、

レイアとルギーという名前をつけています。

鷹は怖いイメージがありますが、

飼い主の前では

こんなに優しい表情をするんだとびっくりしました。

 

レイア

 

この投稿をInstagramで見る

 

小川涼輔(@taka.ryo.7.31)がシェアした投稿

 

ルギー

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日はルギーさんと散歩 #鷹 #猛禽類 #鳥 #ハリスホーク

小川涼輔(@taka.ryo.7.31)がシェアした投稿 –

 

 

鷹匠の年収は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小川涼輔(@taka.ryo.7.31)がシェアした投稿

一応、補足として鷹匠という仕事の年収についても気になると

思うので紹介していきたいと思います!

 

年収については鷹匠会社によって異なると思いますが、

金沢では1回の依頼料が「3万円」だそうで

依頼を多く受けているところで

年収は約900万円程あるようです。

 

最近ではカラスの駆除の依頼が多いので

儲かってるところも多いかもしれませんね。

 

鷹匠になるためには「認定試験」に

合格する必要があります。

 

この試験は国家資格ではなく、

「流派」などの研修会に参加して

訓練を受けるのが一般的だそうです。

 

認定試験を受けるには鷹の飼育や操ることを

できなくてはいけません。

そのために師匠などの下で鷹匠の基本的なところを

学ぶ必要があります。

 

つまり鷹を自分で飼育する必要がありますし、

その環境も必要になってきます。

 

大きな鳥小屋や餌などかなりの費用が必要となってきまし、

鷹の飼育も大変だと思いますが、

費用的なところが鷹匠が少ない大きな理由の1つだと

感じました。

 

そのため鷹匠として活動していくならば

鷹に対しての愛がないとだめなわけです。